生命保険比較見直しなら15社無料一括見積もりがおすすめ!! 生命保険の会社、そして種類があふれるほど多くなっている現在では、生命保険の選び方に誰もが頭を悩ませています。まずは、生命保険に何を求めて加入するかを今一度考え直さなければなりません。昔は保険外交員や生保レディー呼ばれる人たちが訪ねてきて相談&契約するのが一般的でしたが、現在ではネットで複数社の一括保険見積もりして自分で比較することができます。中立な立場からファイナンシャルプランナーが生命保険の相談も無料でできますよ。まずは生命保険15社無料パンフレット一括見積もり&生命保険見直し相談からどうぞ♪
New Entries

生命保険15社無料パンフレット一括請求ic_pikapika.gif

生命保険の選び方と保険比較のすすめ

現代は、生命保険会社が驚くほど沢山あります。今まで、災害を中心とした損保までが生命保険を売り出しました。こんな中、農協や生協の生命保険もじっくり調べて生命保険の選び方を考えたいものです。アメリカンホームダイレクトやアリコジャパンは、テレビCMによって人々の人気を集めています。

生命保険の保障が充実していればしているほど、保険の掛け金は高くなります。終身保険でその保障を生涯継続させるなら保険の見直し時期ごとに保険金は高くなっていきます。将来の自分の状況をできるだけ予測して生命保険の選び方を考えたいものです。最初に掛け金をできるだけ抑えておくのがポイントです。

生命保険を途中で解約することはとても損をすることになります。生命保険は続けてこそ保障が受けられるようになっていますから、今まで積み立てた掛け金はまったくといいほど返ってきません。そのため、生命保険の選び方を間違えないようじっくり検討することが大切です。

会社勤めをしている人の生命保険の選び方は、家族みんなが加入できる会社の共済保険が良いでしょう。勤め先によっても違いますが、会社の保険は安い掛け金で大きな保障を約束してくれます。ほとんどの場合は掛け捨てです。余剰金は加入者に還元されます。ただし、加入できる年齢が65歳くらいまでです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

プルデンシャル生命保険の特徴とこだわり

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。2004年にはあおば生命保険(旧:日産生命保険)を吸収合併し、営業基盤の拡大を図っています。プルデンシャル生命保険株式会社は、あまり頻繁に名前を聞く保険会社ではないかもしれませんが、どのような特徴があるのでしょう?

プルデンシャル生命保険が、ライフプランナーにこだわる理由は、お客様に最適な生命保険を提供することにあります。さらに、商品や評判を見てみましょう。

プルデンシャル・ライフプランナーは、お客様に対して真摯な対応をするとのことで評価され、プルデンシャル 生命保険は、2006年週刊ダイヤモンド2/18号掲載の「生命保険会社信頼度ランキング」で、ソニー生保を抑えて1位になったことがあります。おすすめ商品には、ドル建て保険の「終身保険」と「リタイアメント・インカム」があります。円とドルの為替変動が影響しますので、ライフプランナーに為替リスクなど、しっかりと商品説明を聞いてみることが大切です。

最後にプルデンシャル生命保険へのクチコミからです。「担当者のレベルも高く、親切で任せられる。 保険料も比較的安い。ドル建ては魅力。」保険も、ドル建ての時代なのですね。本当に金融商品という感じです。やはり、専門家にきちんと説明を聞く必要がありますね。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

60歳からの生命保険プランと保険比較のすすめ

60歳というと、それまで健康でまったく病気を知らない人もいますが、病気の経験者も少なくない年齢です。そこで、60歳からの生命保険を比較して、加入者の条件を詳しく調べるべきです。そして、加入した場合の保険の保障開始時期はいつか、も大事な要素です。加入後2年経たなければ保障されない保険もあります。

60歳からの生命保険を比較すると、郵便局によく似た農協の共済保険があります。JA共済という名前で呼ばれています。郵便局と比較してもあまり変わりはなく、終身保険もあり種類も豊富です。郵便局の簡易保険とJA共済は、保険金の支払いが他社に比べてスピーディーであると定評があります。

60歳からの生命保険を比較すると、色々な特約を付ける場合があります。特約を付けることで、割安感がありますが、年齢と共に求める保障が変わってくる場合があります。こんな時にはすべてを解約しなければ保険の内容は変えられません。それで、出来るだけ特約で付加していくのではなく別々の保険にしたいものです。

日本生命や太陽生命などは、保険勧誘員が各家庭を訪問して生命保険を勧めています。女性の勧誘員が60歳からの生命保険プランをすぐに作成してくれます。PCなどで保険について比較検討するよりは、人に詳しい話を聞くことが出来る点で分かりやすいといえます。ただし、他の保険とすぐに比較するのは難しいです。

>>>生命保険の相談なら読売ウィークリーでも紹介された”保険マンモス”へ今スグ!ic_pikapika.gif

cms agent template0039/0040 ver1.003